« MTBオールカタログ 2008 | トップページ | 吾妻山の菜の花満開 »

Sir Edumund Hillary

Sir エドモンド ヒラリーが亡くなりました。

1953年、Mt.エベレストにテンジン・ノルゲイとともに初登頂したニュージーランドの登山家。

この人から世界の登山史が始まったといっても過言ではない、私が敬愛する偉大な冒険家のひとり。

下は、登頂したときの当時の新聞記事(だそうです)。Scan10016

最近は、ツアーで登頂できるエベレストですが、でも今も、生死を賭けてのチャレンジです。私の将来の夢のひとつでもあります。

エベレスト登山がどんなに厳しいかは、下記を参考にしてください。1996年の遭難の悲劇に関する著書等です。かなり衝撃的な作品です。私はエベレスト街道にトレッキングに行ったこともあるので、感情移入したこともありますが、かなりショックを受けました。

・「空へ」(原題[Into Thin Air」)著者:ジョン・クラカワー(文芸春秋)(ただ、ガイドのアナトリ・ブグレーエフを一方的に非難していることに対して、疑問を唱える著作もあります。題名は忘れましたが、私も同感でした。その他には日経ナショナルジオグラフィックから写真集やIMAXから「エベレスト」という映画もあります。ぜひご覧を。

|

« MTBオールカタログ 2008 | トップページ | 吾妻山の菜の花満開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sir Edumund Hillary:

« MTBオールカタログ 2008 | トップページ | 吾妻山の菜の花満開 »